[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 緊急通報サービス(データ・バンク)

[1998年4月7日:公表]

緊急通報サービス(データ・バンク)

実施の理由

 高齢者が、病気やケガなどで緊急事態に陥ったとき、何らかの方法で、しかるべき機関や人物に事態を通報し、救護を受けられるサービスが緊急通報サービスである。  高齢化・核家族化が進み、ひとり暮らしや老夫婦の世帯が増えるにつれ、このサービスのニーズも高まっている。  そこで、緊急通報サービスの現状や仕組み等を各種資料や取材等で調査し、消費者が上手に利用するための情報提供を行うこととした。



調査内容等

  • サービスのニーズや発展の歴史などについて調べた。
  • 自治体が提供するサービスの現状や仕組みなどについて調べた。
  • 民間事業者が提供するサービスの現状や仕組み・料金などについて調べた。
  • 上記を基に、利用にあたっての留意点をまとめた。


印刷媒体の発行

  • ※本報告書の有償配布は終了しました。



本件連絡先 総務企画部企画広報課
電話 03-3443-6284

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ