[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > クーハンから赤ちゃんが転落・・・頭蓋骨骨折も

[1997年9月4日:公表]

クーハンから赤ちゃんが転落・・・頭蓋骨骨折も

消費者被害速報(危害情報システムから)No.5

 「クーハン」とは、小さな赤ちゃんを連れて外出するのに使われる持ち手のついた大きなかごのことで、ベビーキャリーとかキャリーバッグなどとも呼ばれる。このクーハンから赤ちゃんが転落するという事故が、危害情報システムに寄せられている。中には頭蓋骨骨折の重症を負ったケースもあり、注意が必要である。


約5年間で23件の事故、すべてが転落によるもの

 事故の件数は、1992年度1件、93年度1件、94年度6件、95年度3件、96年度10件、97年度2件の計23件である(協力病院から22件、消費生活センターから1件)。 23件の事故はすべて、クーハンから赤ちゃんが転落した、あるいはクーハンごと落下したというものである。



転落した赤ちゃんの78%は、使用対象月齢 (4ヶ月未満)内

 クーハンから転落してけがをした赤ちゃんはすべて1歳未満で、その月齢は、0ヶ月1人、1ヶ月9人、2ヶ月4人、3ヶ月4人、4ヶ月2人、5ヶ月1人、6ヶ月1人、10ヶ月1人であった。18人(78%)はクーハンの使用対象月齢である4ヶ月未満の赤ちゃんである。



頭や顔の打撲が多いが、落ち方によっては頭蓋骨の骨折も

けがの程度は、軽症が16件、入院を要する中等症が6件、重症が1件であった。けがをした部位は、頭部が17件、顔面が5件、全身が1件。けがの内容は、擦過傷・挫傷・打撲傷が18件、骨折が5件であった。骨折の5件はすべて頭蓋骨の骨折である。



事故時の状況

23件の事故の事故時の状況は、次の4パターンに分けられる。

  1. [13件]赤ちゃんを運んでいる途中や、持ち手を替えようとした際、バランスを崩してクーハンが傾き、赤ちゃんが転落
  2. [7件]持ち手が、かけていた肩や腕、持っていた手から滑ってはずれ、急にクーハンが傾いて、赤ちゃんが転落
  3. [2件]クーハンに入れていた赤ちゃんを車に乗せていて、クーハンごと車から運びだそうとした時、赤ちゃんが転落
  4. [1件]クーハンに赤ちゃんを入れて、車の後部座席に置いていて、急ブレーキでクーハンごと転落


事故事例

【事例1】
 生後5ヶ月の赤ちゃんを車から家へ、クーハンに入れて運ぶ際、重いので肩にかけて歩いていたが、クーハンが傾いたのか赤ちゃんが頭から転落した(約1.5m下)。頭部を打撲して頭蓋骨にひびが入っていた。
(94年5月 兵庫県)
【事例2】
 クーハンに生後2ヶ月の赤ちゃんを入れて玄関を出ようとしたとき、玄関ドアに引っかかり、持ち手の片方が手からはずれ、赤ちゃんが約1mの高さから落ちてしまった。頭蓋骨骨折で入院。
(96年3月 富山県)
【事例3】
 レストランから外に出たところで、生後1ヶ月の赤ちゃんを入れたクーハンを父親が持ち替えようとした際、誤ってアスファルトの上に落としてしまった。頭蓋骨骨折で入院。
(97年2月 宮城県)


消費者へのアドバイス

  1. クーハンを使うのはほんの短期間である。赤ちゃんを連れた外出に、クーハンが本当に必要かどうかよく考えよう。
  2. もし、使用することにした場合は以下のことに気をつけよう。
  • SGマーク付きの商品は品質や表示について一定の安全基準を満たしているので、安全なクーハン選びの1つの目安になる。SGマーク付きのクーハンでも、転落事故を防ぐためには、取り扱いに注意が必要である。
  • 購入の際は、実際に赤ちゃんを入れてバランスが保てるかなど、できるだけ使用感を試してみること。
  • 注意表示や取扱説明書をよく読み、対象となる赤ちゃんの月齢や使用目的、使用上の注意を守って使用する。
  • 事故はちょっとした不注意で起きている。物を運ぶような気軽さで赤ちゃんを扱わないこと。


(参考) クーハンの安全基準

製品安全協会では、クーハン(標準として生後4ヶ月未満の乳児を乗せて持ち運ぶことを目的とした手さげ式のもので、自動車用年少者保護装置である乳児用ベッドは除く)について、構造、強度、安定性、表示および取扱説明書について認定基準を定め、基準に適合していると認められた製品には、SGマークを付けている。取扱説明書には、「標準として生後4ヶ月以上の乳児には使用しないこと」「首がすわった乳児、寝返りをうつ乳児には使用しないこと」「自動車による移動用には使用しないこと」等の記載をすることになっている(事故の報告から見るとこれらが守られていない場合もある)。




※この情報、国民生活センター「危害情報システム」に報告された事故情報をもとに提供するので、早期に消費者に危険を知らせることを目的とするものである。


本件連絡先 消費者情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。


発表情報トップページへ

ページトップへ