独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 特殊卵の比較テスト結果−栄養成分や機能性をうたった鶏卵−

ここから本文
[1997年8月5日:公表]

特殊卵の比較テスト結果−栄養成分や機能性をうたった鶏卵−

 栄養成分や機能性をうたった鶏卵(特殊卵)9社10銘柄、参考品として普通卵2銘柄のついて、栄養面、品質面、表示を調べた。

  • ビタミンA、D、E等脂溶性ビタミンや、脂肪酸の一つであるα−リノレン酸を強調した銘柄は、普通の卵に比べこれらの成分をほぼ表示に見合って多く含有していた。
  • DHAについては、表示のあるものが必ずしも多いとは限らなかった。
  • これらの成分は、国民栄養調査による栄養摂取の状況からすると、ほぼ充足しており、現状以上に摂取する必要性は少ないといえる。
  • 強化した成分についてコレステロール低下作用や成人病予防などの機能性面を強調した銘柄も多いが、普通の卵に比べ特にこれらの機能が新たに期待できる訳ではない。また、表示された機能には定説として認められたものもあるが、まだ研究段階のものもあり誤認を与えるような内容も見られた。
  • 衛生面、安全性はどの銘柄も問題なかった。
  • 鮮度は良好で、冷蔵庫保存の場合はかなり鮮度が保てた。

※購入:1997年1月上旬・3月上旬
 テスト:1997年1月〜5月

※注意事項このテストは、テストのために購入した商品のみに関するものです。

消費者へのアドバイス

普通の卵でも栄養価は高い。特殊卵を使う必要はそれ程ない

栄養成分を強調した特殊卵は、価格も普通卵より高めである。確かに表示された成分は強化されているものが多かったが、強化された栄養成分は厚生省の国民栄養調査によるとほぼ充足しており、卵にプラスしてとる必要性は一般的には少ない。食味等は別として栄養的には普通の卵の利用で十分と言える。

いろいろな表示の卵が出ているが、表示をよく吟味する

強調表示した成分に関してさまざまな効果が記されていたが、この中には研究段階のものも含まれている。特殊卵は元々卵の持っている成分量が若干多くなったに過ぎず、このような効果が新たにプラスされる訳ではないことを理解しよう。なお、卵のように一見明らかに食品とみなされるものでも、「ガンの抑制作用」、「高血圧、動脈硬化の改善」など疾病の治療・予防に該当するような効果の表示(たとえ含有成分の効果として表示したものでも)は、場合によっては薬事法に抵触すると考えられる。

コレステロールが少なめの卵でも他の食品に比べれば多い。食品中のコレステロールを気にするよりエネルギーの摂り過ぎや脂質の摂り方に注意を

脂質量が少なくコレステロールが少なめの卵があるが、それでもコレステロールの多い食品に変りはない。血中コレステロール値は摂取エネルギーや脂質の摂り方の影響が大きので、食べるコレステロールをそれ程気にする必要はないが、卵は脂質等の栄養価も高い食品であることを心にとめておく必要がある。

DHAは表示をよく見て多いかどうか確かめよう

DHAに関しては強調表示のあるものが必ずしも含有量が多いとは限らなかった。DHAやα−リノレン酸はn-3系の脂肪酸に属し1日3g程度を摂取することが薦められている。卵でDHAの摂取を増やすなら表示をよく確かめた方がいい。ただ、卵で摂取量を増やすより、n-3系脂肪酸の摂取には魚や大豆油、菜種油等が効率的である。

冷蔵庫で保存した卵は意外と長持ち。心配なら加熱して食べよう

購入後冷蔵庫で30日間保存した卵のほとんどが良好な鮮度を保っていた。購入後どの位保存できるかは、産卵から購入までの日数や温度管理などで異なる。加熱調理して食べるなら冷蔵庫で2週間以上の保存が可能であろう。今回のテストではサルモネラ菌は検出されなかったが、他の食材を原因とするものも含め、サルモネラ菌による食中毒が増えているので殻を割った状態で放置しないこと、調理後はすぐに食べること等に注意したい。

行政への要望

  1. 今回の特殊卵には、消費者が誤認しかねないような内容の効能効果的な表示が見られた。効能効果に関する表示についてなんらかの対応が望まれる。
  2. DHAやα−リノレン酸の作用の表示について消費者が誤認しかねない内容が見られた。適正な商品選択が行えるよう指導が望まれる。

業界への要望

誤認を与えかねない以下の表示についての改善が望まれる

  • 含有成分に関して、研究段階といえる効果を表示し、あたかもその食品でその効果があるように誤認させ得る表示が見られた。成分に関する表示については加工食品に倣い、機能性や効能効果的な表現を控えるよう要望する。
  • 産卵中の鶏には飼料添加物や飼料添加剤として、抗生物質や合成抗菌剤の使用は原則として認められていない。しかし、“抗生物質や合成抗菌剤は使用しておりません”という表示が見られるが、このような表示があると表示のない銘柄が使用しているように受け取れる。このような表示は差し控えてほしい。
  • 成分表示の方法が、卵黄の成分であったり、脂肪酸組成と思われる表示のものがあった。消費者が理解しやすい全卵中の表示としてほしい。

成分に関する強調表示をしたものは、どの程度強化されているのかが分かるような成分含有量表示と主要成分の表示を徹底してほしい。

テスト商品紹介

テスト商品一覧
銘柄発売元価格(*)内容量価格/1個
朝どり一番中部飼料270円10個27円
カロチンE卵木徳240円10個24円
きみに愛日清飼料298円10個30円
里の月協食330円 8個41円
しんたまご全農中央鶏卵センター330円10個33円
DHA卵ジャスコ258円10個26円
鉄ビタD卵伊藤忠肥料 330円 6個55円
森のたまごイセ食品298円10個30円
優優卵湘南フードテック330円 6個55円
ヨドリノン湘南フードテック300円 6個50円

* 価格:メーカー希望小売価格


本件連絡先 商品テスト部
電話 0427-58-3165