[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 抗菌加工商品の商品テスト結果−台所・洗面所・風呂用品を対象に−

[1997年5月6日:公表]

抗菌加工商品の商品テスト結果
−台所・洗面所・風呂用品を対象に−

 抗菌加工商品が売れている。そこで細菌に対する効果、抗菌剤としてどのような薬剤が使われ、その溶出はないのかなどについて、台所用品(まな板5銘柄、三角コーナー5銘柄、スポンジ5銘柄)、ふろ・洗面用品(洗面器5銘柄、歯ブラシ3銘柄)の計23銘柄と、三角コーナー以外の商品の抗菌加工表示のないものを参考品として2銘柄ずつ計8銘柄を加えてテストした。

  • 新品時で抗菌力が強かったのは、まな板では[抗菌カルマくん][ホワイトフレッシュ]、三角コーナーでは[ジージーキッチン]、スポンジでは[バイオシルネットクリーナー][スコッチブライト抗菌]、歯ブラシでは[G.U.Mデンタルブラシ#211][リーチレディ][ドウー先端スリム]。
  • 新品時の抗菌効果が実際に2か月使用後持続しているか。
    (スポンジ、歯ブラシは1か月)抗菌効果をほぼ保っていたのは7銘柄。効果がやや落ちたのが3銘柄。ほとんど効果がみられなくなっていたのは5銘柄あった。
  • 抗菌加工がしてある商品でも、実際に生活の中で使う場合商品に付着する汚れの量が大きく、抗菌加工も役に立たないといえるだろう。
  • 抗菌剤の主成分の銀、銅、亜鉛について調べたところ、10銘柄から銀が、5銘柄から亜鉛が検出された。
  • 抗菌剤が口から入ると考えられるまな板、歯ブラシのうち銀や亜鉛の検出されたものについて抗菌剤の溶出を調べたところいずれも溶出はなかった。

※検体購入:1996年8月〜9月
 テスト時期:1996年8月〜1997年1月

※このテスト結果は購入した商品のみに関するものです。


抗菌とは?

「抗菌」とは菌を増やさないこと

 そもそも「抗菌」とは、どんな意味を持つことばなのだろうか。菌に関することばで、よく商品に使われているものに「殺菌」「滅菌」「除菌」「静菌」などがあるが、ほぼ次のような意味で使われているようだ。

殺菌
微生物を殺すこと
除菌
洗浄などの方法で、その物から微生物を取り除くこと
滅菌
その物に存在するすべての微生物を殺す、もしくは取り除くこと
静菌
微生物の増殖を抑えること

 「抗菌」とは、文字どおり「菌に対抗する」という意味で、これらのことばの意味もすべて含んで、広い範囲で使われている。はっきりとした定義があるわけではない。

 現在出回っている商品にうたわれている「抗菌」は、上にあげた菌に関することばのうちでは作用の緩やかな「静菌」(菌の増殖を抑える)、あるいは静菌によって、においの発生やぬめり・黒ズミを防止するという意味のものが多いようだ。



買うとき使うときのアドバイス

抗菌加工商品は表面が汚れていると効果が発揮されないので、無加工のものに比べて手入れが楽というわけではない

 抗菌加工商品に練り込まれている抗菌剤の効果が及ぶ範囲は、製品の表面に付いた菌だけ。汚れの表面に付いた菌には効果がなく、また汚れそのものに対しても無力で、菌を増殖させてしまう。実使用で汚れが付くことは避けられないので、結局は、無加工のものと同様の手入れが必要となる。

現在の抗菌加工の表示は、商品選択の目安にはならない

 現在の抗菌加工のプラスチック製品には、表示についての基準や規格がない。テストからもいえるように、抗菌表示のある商品すべてに一定水準以上の効果が保証されているわけでもなく、製品によってばらばらの状態だ。メーカーの姿勢も、とりあえずはメーカーでテストを行って、その試験結果を表示しているものから、抗菌剤を製品に使用しただけで製品としてのテストは行わず抗菌と表示しているものまでさまざま。このような状況での抗菌加工の表示は、商品を選ぶうえでの目安にはならない。

ほんとうに必要なものか考えて

 抗菌加工商品は今や数多く出回り、今回のテスト商品の三角コーナーなどは無加工の製品を見つけられないほどだった。しかし、抗菌加工は薬剤を使用するもの。アレルギー体質や皮膚の弱い人への影響は将来的にまったくゼロとはいえない。薬剤を避けたい人や気をつけなければならない体質の人が、抗菌加工していない商品をいつでも入手できるよう、メーカーには、無加工の商品も十分出回るよう配慮してもらいたい。
 また、わたしたちも、実使用上の効果がのぞめなかったテスト結果を踏まえて、抗菌加工の商品がほんとうに身の回りに必要なものかどうか考えてみよう。

日常の手入れはよく洗うことと十分乾燥させることが基本

 菌の繁殖を抑えるには、菌の栄養となる汚れをよく落として、表面を清潔に保つことがいちばん。また、ぬめりの原因になる菌は、乾燥に弱い。そこで、商品をきれいに洗ったあとに十分乾燥させることで、菌の繁殖はかなり抑えられる。熱湯消毒なども効果的。




本件連絡先 商品テスト部
電話 0427-58-3165


発表情報トップページへ

ページトップへ