[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > パソコンを利用した クリックしただけで、いきなり料金を請求する手口

[2004年12月13日:公表]

パソコンを利用した クリックしただけで、いきなり料金を請求する手口

平成16年12月13日
国民生活センター

 パソコンからアダルトサイト等にアクセスして何らかの項目をクリックしたところ、「登録ありがとうございます」などと表示され、料金を請求されたという相談が寄せられています。近頃では相談が増加しつつあります。


代表的な手口

 現在のところ、この手口のパターンの大半は「広告メールやネットサーフィンから当該サイトのトップページへ移り、その画面をクリックすると“登録”と表示されるパターン」ですが、なかには「架空請求メールのURLをクリックすると、いきなり“登録”になるパターン」という手口もあります(当センターへ届いた「登録料金未納のお知らせ」の督促状はこのパターンです)。

広告メールやネットサーフィンから当該サイトのトップページへ移り、その画面をクリックすると“登録”と表示されるパターン

当該サイトのトップページから“登録”になるパターンの図

架空請求メールのURLをクリックすると、いきなり“登録”になるパターン

 これまでは、携帯電話のショートメッセージサービスを悪用する手口が大半でしたが、最近ではメールアドレスなどのホームページにアクセスした人を識別する情報を含んだURLが書かれたメールを送り、クリックを誘う手法もあります。

 実際に国民生活センターに届いたメールの例を紹介します。



主な相談事例

【事例1】
 パソコンの電子メールアドレスに届いていた広告メール(いわゆる“迷惑メール”)にあったURLをクリックしたところ、アダルトサイトになった。
 興味本位で当該サイトのトップページにある画像をクリックしたところ、「会員登録ありがとうございます」との表示に加え、利用料金(29,000円)や振込先、支払期限等も掲載された画面になってしまった。そもそも契約するつもりはなかったが、どう対処したらよいだろうか。
(40歳代、男性、自営・自由業)
【事例2】
 パソコンでネットサーフィンをしていたところ、アダルトサイトを見つけた。トップページの画像をクリックしたら、登録となってしまった。慌ててトップページに戻り、見直してみたところ、「18歳以上で利用規約に同意した方のみ入場してください」と小さく表示してあった。
 登録になるとは思っていなかったので支払いたくないが、どうしたらよいか。
(30歳代、男性、給与生活者)
【事例3】(「消費者トラブルメール箱」より)
 アダルトサイトの「○○を見る」と書かれた項目をクリックしたところ、「あなたは入会されました。3日以内に○万円をお支払いください」という表示が出てきた。
 事前に「その項目をクリックすると入会したことになる」旨の説明が一切なかったので、びっくりした。このような請求は納得できない。
(40歳代、男性、給与生活者)


アドバイス

そもそも契約が成立していないと考えられるため、支払わないこと

 これらの手口を用いている業者が“登録になりました”や“入会ありがとうございます”と表示しても、そもそも契約が有効に成立しているとは考えられません。そのため、業者から請求されても安易に支払わず、最寄りの消費生活センターへご相談へご相談ください。

“個有識別番号”などから個人情報は伝わることはないので、過度に不安にならないこと

 “個有識別番号”“IPアドレス”“プロバイダー情報”などが表示されたとしても、それだけでアクセスした人を特定されたり、重大な個人情報が伝わることはないので、過度に不安にならないことが大切です。業者へ連絡を取ることは、新たな個人情報を知らせることになるので避けて下さい。

有料サイトを利用する場合は、事前に必ず利用規約を確認すること

 トラブルの未然防止のため、有料サイトを利用する場合には必ず利用規約を確認することが重要です。その上で、自分が利用したサイト名やURL、利用規約の内容なども記録しておき、画面を保存(印刷)しておきましょう。

 また、一般に、インターネット上にはさまざまなサイトがあるため、不用意に個人情報(氏名や住所、電話番号、電子メールアドレス等)を記入したり、送信することは危険が伴いますので、注意が必要です。



参考

なお、誤操作などにより、誤ってクリックしてしまったといったケースにおいては、「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」(電子消費者契約法)により、契約の無効を主張できます。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ