[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 高齢者・障がい者見守りボランティア > 点検商法−「大鴨さん羽毛布団を買わされる」の巻

[2007年2月8日:公表]

点検商法−「大鴨さん羽毛布団を買わされる」の巻

イメージ画像

  • 登場人物
    • 専業主婦 大鴨さん(72歳)
      ※用心深い性格

    • 民生委員 良心さん
    • 電話セールスの女性社員
    • 布団の営業マン

ナレーション

専業主婦の大鴨さんは、掃除・洗濯が終わりほっと一息、居間で新聞を読みながらコーヒーを飲んでいると電話が鳴る。電話の向こうから、ソフトで品の良い女性の声
女性社員:
もしもし、大鴨さんのお宅でしょうか? いつもご愛用頂きありがとうございます。
主婦:
何のことですか?(怪訝そうに・・・)
女性社員:
以前、通信販売でお買い上げいただいた羽毛布団の件で、お電話差し上げています。
主婦:
何のことですか?(疑っている・・・)
女性社員:
3〜4年前になると思いますが、羽毛布団の販売時に保証ラベルを付けてお出ししています。その中に工場保証の枠内で、点検をさせていただくという案内がありましたがご記憶でしょうか?
主婦:
さあ、捨てたと思います。(面倒臭そうに・・・)
女性社員:
そうですか、大丈夫です。こちらにお客様リストがあります。よろしければ、お名前・住所・電話番号の確認をさせていただき、点検の者が伺いますが、ご予定はいかがでしょうか?
主婦:
そうねえ、この頃、買った時よりヘタっているような気がするし、点検時期かなぁーでも、有料なんでしょう?
女性社員:
いえ、いえ、工場枠内での無料保証ですので数に限りがありますが、まだ、多少、枠は残っています。今、お申込みいただけるなら大丈夫です。
主婦:
無料なのよね、何か売りつけられることは無いわよね。 家族と相談して、返事は明日でもいい?
女性社員:
ええ、かまいません。でも今日中に枠が埋まってしまった場合は、申し訳ありませんがお断りすることになりますが・・・。
主婦:
うーん、じゃあ、いいわ、点検だし、タダだし、予約を入れておくわ。

ナレーション

ということで名前・住所を伝え訪問の日時を約束しました。何か怪しいかな。でも、買わされそうになったら断ればいいんだと自分に言い聞かせながら。

数日たったある日のこと。
営業マン:
□商会の○○です。羽毛布団の点検に参りました。
主婦:
ご苦労様。2点程あるけど見てくれる。
営業マン:
奥さん、こちらの羽毛布団は品物がいいですね。ベルギーの最高級のダウンを95%も使っている。奥さんはお目が高い。
主婦:
いいえ、「日常使いの物こそ良い物を」と思っていますから、オホホホ・・・。

ナレーション

営業マン、お世辞で持ち上げ、布団を念入りに点検するそぶりをする。
営業マン:
うーん、残念だなぁ。へたりが出て、かさ高さが無くなっていますね。拡大鏡で見たらダニがウジャウジャですよ。良い品物ですからクリーニングをして、ダウンを補充し仕立て直して来ましょうか。後の1点は買い替えた方が、価格的には安くつきますよ。運の良いことに、たまたま1点だけ車に在庫があります。持って来ますね。
主婦:
そうなの? だめなの? 人間一生の3分の1は寝ているんだし、睡眠は大事。家族の健康は、何物にも代え難いわ。仕立て直しの分も含めておいくら?
営業マン:
80万円ですが、汗取りパット、磁気枕、高級布団カバーをおまけに付けます。赤字覚悟だなぁー。このあと、訪問するご近所のAさんには内諸ですよ。
主婦:
えーっ、Aさんのお宅も買うの・・・。安くしてくれるのは嬉しいけど、それでも高いわねぇー。
営業マン:
家族の健康のためです。60回の分割払いもありますよ。利子、手数料はこちらで持ちます。これじゃ赤字だ。厳しいなぁ。
主婦:
いいわ、買うわ。
営業マン:
ここにサインと判子をお願いします。今日はとても良い奥さんに買ってもらいました。クレジット会社から電話が来たら「はい」と答えてください。毎度ありがとうございました。
民生委員:
大鴨さぁーん! いらっしゃいますか?近所まで来たのでお寄りしました。おかわりありませんか?
主婦:
あらっ! お世話様です。お茶でもいかがですか? お上がり下さい。

ナレーション

リビングに通され、大きな荷物を見つける。
民生委員:
大きな荷物ですね。息子さんからの贈り物ですか?
主婦:
実は、無料で点検しますといわれて承諾したら、高い羽毛布団を買わされちゃったのよ。
民生委員:
あらっ、だまされたようですね。買ったのは何日前ですか?
主婦:
5日前ね。
民生委員:
クーリング・オフが出来るかもしれないわ。消費生活センターに相談に行きましょうか。
主婦:
えっ? やめられるの? 是非、行きたいわ。ありがとう!

ナレーション

大鴨さんは、民生委員の良心さんの機転の利いた気付きアドバイスのおかげで、消費生活センターに相談し解約することができました。めでたし、めでたし!

見守り情報トップページへ

ページトップへ