[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 地デジ移行後はラジオでテレビ放送が聞けなくなる!

[2010年5月14日:公表]

地デジ移行後はラジオでテレビ放送が聞けなくなる!

[第83号]

2010年5月14日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](232KB)

発生時期および場所

  • 平成21年12月
  • 関東地方


内容

 いつもラジオでテレビ放送を聞いている。先日、家電量販店で「テレビ放送も聞けるラジオ」を購入し、自宅で取扱説明書を読んだところ「2011年7月の地デジ完全移行後はテレビ放送が聞けなくなる」と小さな字で書いてあった。テレビが見られなくなることは知っていたが、ラジオでテレビ放送が聞けなくなるとは知らなかった。店頭でも案内や表示がなく、店員からも何の説明もなかった。こういったことは、視覚障がい者には周知されているのだろうか。(60歳代 男性)



ひとこと助言

  • テレビの音声も受信できるラジオがありますが、これらのラジオは、アナログ放送の音声部分を受信しています。

  • 2011年7月24日までに地上アナログテレビ放送が終了し、地上デジタルテレビ放送に完全移行することにより、こういったラジオでテレビの音声を聞くことはできなくなります。

  • 普段からラジオでテレビ放送を聞いている人は、買い替えの際や地デジ移行後の利用のしかたについて注意が必要です。

  • FM、AMラジオ放送は、移行後もこれまでどおり聞くことができます。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ