[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 細工して通話不能に!電話機の悪質な訪問販売

[2009年5月27日:公表]

細工して通話不能に!電話機の悪質な訪問販売

[第59号]

2009年5月27日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](195KB)

発生時期および場所

  • 平成21年3月
  • 関東地方


内容

 「NTTの者だが、こちらから電話をしても通じないので確認に来た」と言って、作業着姿の男が訪問。「さっきまで通話できていたのに」と不審に思いながら、試しに電話をかけてみたらかからなかった。「電話機が故障しているので交換する」と言われ、その場で47,000円を支払い電話機を購入した。契約書は渡されず、領収書には社名や連絡先が書かれていないのでクーリング・オフの手続きができない。



ひとこと助言

  • 屋外設置の保安器内部に細工をして、通話不能状態にした上で、NTTを装い「電話が通じない」「電話機が故障している」などと訪問し、不必要な電話機の購入を迫る手口です。

  • 点検などと称して突然訪問を受け、費用を求められたり、電話機の交換を勧められたりした場合は、その場で契約や支払いはせず、契約している電話会社に確認しましょう。

  • 心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等の協力を得て、編集・発行しています。

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ