[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 「購入しないと不幸になる」と脅され、高額な掛軸を契約

[2009年5月14日:公表]

「購入しないと不幸になる」と脅され、高額な掛軸を契約

[第58号]

2009年5月14日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](181KB)

発生時期および場所

  • 平成20年度以降増加
  • 全国で


内容

 数日前、40万円近い掛軸を勧める電話があった。「いらない」と断ったが、「購入しないとあなたが不幸になる」と言ってさらに勧められた。しまいには、「購入を断ると死ぬ」と脅され不安になり、承諾してしまった。掛軸はまだ届いていないが、申込書と契約書が送られてきた。目が不自由で内容がわからず、家族には知られたくなかったので、知人に相談した。



ひとこと助言

  • 掛軸に関する相談は80歳代以上に多く、増加傾向にあります。主な勧誘方法は電話勧誘販売で、長時間の執拗な勧誘や、断っても契約書を送りつけてくる例などがみられます。

  • 「断ると罰が当たる」などと脅すケースのほかに、「有名な寺院の高僧の直筆」といった虚偽説明、「大勢の中からあなたが選ばれた」、「購入すると死後幸せになる」などの誘い文句もあります。

  • 必要ない場合は、きっぱり断りましょう。また、家族や近所など周囲の人も、日頃から気をつけて身近な高齢者を見守ることが必要です。

  • 困った時は、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、国民生活センターの情報をもとに、都道府県等の消費者行政担当部署等の協力を得て、編集・発行しています。

関連情報は、「高齢者が狙われている!「掛軸」の電話勧誘にご注意!

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ