[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 無断で磁気活水器を取り付け、契約を迫る

[2009年2月26日:公表]

無断で磁気活水器を取り付け、契約を迫る

[第52号]

2009年2月26日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](332KB)

発生時期および場所

  • 関西地方で


内容

 突然業者が訪れ「水道の鍵を付けたから見て!これを付けたら、何かあった時にも水道工事代金が無料になる」と言われた。業者と一緒にメーターボックスを見ると、水道管に器具が取り付けられ、そこに南京錠がかかっていた。「了解も得ずに付けたのだから、いらない」と断ったが、「もう付けたのだから、やめられない」と聞き入れられず、やむなく契約した。契約書を見てその器具が「磁気活水器」で約20万円のものとわかった。



ひとこと助言

  • 無断で水道管に磁気活水器を取り付けたうえ、はずせないよう鍵まで付けて、契約を迫る悪質な手口です。また、水質の不安をあおったり、水道局の関係者と思わせて勧誘する例もあります。

  • 磁気活水器を付けても水道工事代金が無料になることはありません。

  • 取り付けてしまっても、いらないものははっきりと断りましょう。訪問販売で契約した場合、8日以内であればクーリング・オフできます。

  • 心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ