[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 友人に誘われ投資、誰かを勧誘すれば紹介料も

[2008年8月7日:公表]

友人に誘われ投資、誰かを勧誘すれば紹介料も

[第39号]

2008年8月7日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](298KB)

発生時期および場所

  • 平成20年4月頃から
  • 全国で


内容

 友人から「アメリカの投資会社に1000ドル投資すれば、週に80ドルの配当が40週間もらえる」、さらに「誰かを勧誘すれば紹介料ももらえる」と 勧められた。よい話だと思い、日本の代行会社に、約12万円を振り込んだ。 配当金の請求はインターネットでできるとのことだったが、受け取りの手続きができない。



ひとこと助言

  • 「出資をして人を紹介すれば、高額な配当のほかに紹介料も入る」とのうたい文句で勧誘して出資金を募る手口です。このようなしくみの投資話は、違法の可能性が高く、そもそも信用できません。契約するのはやめましょう。

  • 親しい人から勧められてもきっぱりと断りましょう。自分が被害者になるばかりではなく、人を誘うことで刑事罰に問われることもあります。

  • 心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、国民生活センターの情報をもとに編集・発行しています。
詳細は「マルチ商法型出資勧誘トラブル〜勧誘行為は刑事罰に問われることも〜

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ