[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 全額払わせ途中で屋根工事を投げ出す

[2008年6月27日:公表]

全額払わせ途中で屋根工事を投げ出す

[第37号]

2008年6月27日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](288KB)

発生時期および場所

  • 平成19年4月
  • 北海道・東北地方で


内容

 平成19年4月、突然来訪した業者に「屋根が傷んでいる」と言われた。古い家で不安があったので契約し、請求されるまま全額150万円支払った。4月中に完成の予定なのに、数回工事に来ただけだった。催促したところ「資材代金が必要」と言われ追加料金を払ったが、その後も「やります」と言うだけで、ついに完成しなかった。雨漏りが始まったうえ、冬が来るので半年後に別の業者に100万円を払って工事を完成させた。



ひとこと助言

  • 古い家屋に目をつけ、「屋根が傷んでいる」と不安にさせて契約をさせる手口です。

  • 業者に言われるまま、すぐ契約しないこと。契約を急がせる業者は危険です。
    本当に必要な工事かどうかよく考え、契約は慎重に行いましょう。

  • 心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。




(本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集し、発行しています。)

● 全国の消費生活センターの相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ