[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 「国から来た」という男たちが契約書を持ち去る

[2008年5月30日:公表]

「国から来た」という男たちが契約書を持ち去る

[第34号]

2008年5月30日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](237KB)

発生時期および場所

  • 平成20年4月頃
  • 北海道・東北地方で


内容

 訪問販売で布団を契約し、業者に連れられて銀行に行き、おろした現金で代金125万円を払って帰宅した直後に、「国から来た」と別の男性二人が来宅。 「悪質商法がはやっているので注意が必要。被害にあっているなら契約書を見せて」と言われて、手元にある契約書を渡した。また後で来ると言ったのに音沙汰がない。



ひとこと助言

  • 公的機関が被害救済をしてくれるものと安心させ、契約書を持ち去る手口です。相談をしていないのに、公的機関が訪ねてきて、契約書の提示を求めることはありません。

  • 契約書面は最も重要なものであり、持ち去られると被害救済が困難になります。また、個人情報が利用され、次々と被害にあう危険があります。絶対に渡してはいけません。

  • 心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。




(本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集し、発行しています。)

● 全国の消費生活センターの相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ