[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 大手家電販売店と偽り地デジの工事をさせる

[2008年5月15日:公表]

大手家電販売店と偽り地デジの工事をさせる

[第33号]

2008年5月15日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](299KB)

発生時期および場所

  • 平成20年4月頃から多発
  • 北海道・東北地方で


内容

 日頃利用している大手家電販売店を名乗り、制服とよく似た作業着を着た男性が「テレビ映りの調査」と来訪。すでに持っている地上デジタル放送対応テレビのためにチャンネル設定工事が必要というので依頼。値引きしてもらったので販売店にお礼の電話をすると、「うちの従業員は訪問していない」といわれた。



ひとこと助言

  • 現在の地上アナログテレビ放送が、2011年7月から地上デジタルテレビ放送へ完全移行することに便乗したものです。今回は大手家電販売店社員と信用させて、工事代金をだまし取る手口です。

  • 通常、家電販売店の社員が依頼もないのに、設定工事などを持ちかけることはありません。

  • 心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。

地上デジタルテレビ放送関連の事例は第29号でも紹介しています。




(本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集し、発行しています)

● 全国の消費生活センターの相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ