[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 人を紹介することで儲かる健康食品販売

[2008年3月11日:公表]

人を紹介することで儲かる健康食品販売

[第27号]

2008年3月11日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](475KB)

発生時期および場所

  • 平成20年2月初旬頃
  • 九州・沖縄地方で


被害内容

 知人に誘われ、公共施設で行われた健康に関するセミナーに参加した。会場では、業者から健康食品の紹介をされた。会員になると安く買えて、人をどんどん紹介すると、200万円以上の報酬が得られるという。さらに、「この健康食品を飲んで、ガンが消えた」「喘息が治った」「血液がサラサラになった」などの説明があった。「薬事法に触れるから効果について口外してはいけない」と口止めされた。信用できるだろうか。



ひとこと助言

  • 健康に関するセミナーと称して人を集めていますが、会場が公共施設だからといって信用はできません。実際は、健康食品を購入し、人を紹介すれば収入が得られるというマルチ商法の手口です。次から次に被害が拡大する危険性があります。

  • 健康食品は薬ではないため、「ガンが消えた、喘息が治った」等の効能をうたうことは薬事法第68条に触れます。業者の説明を鵜呑みにすることなく、必要のない場合にはきっぱり断りましょう。

    薬事法の参照はこちら


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ