[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 申し込んでもいないのに届いた「海外宝くじ」の当選通知

[2007年11月22日:公表]

申し込んでもいないのに届いた「海外宝くじ」の当選通知

[第21号]

2007年11月22日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](540KB)

発生時期および場所

  • 平成19年10月中旬頃
  • 関東地方で


被害内容

 カナダから宝くじの当選通知が届いた。「80万円の小切手を受け取る権利があるので、7日以内に小切手発行承認書を返信するように」とあり、返信しない場合は、「○○市の△△さんにこの権利が移る」と個人名まで書いてあった。
さらに、小切手を受け取るための費用5,000円はクレジットカード払いとなっていた。信用できるだろうか。



ひとこと助言

  • あたかも当選金が無条件で受け取れると誤認させるような手紙を送りつけ、実際は、宝くじの購入申し込みなどをさせています。国内で海外宝くじの販売、販売の取次ぎ、授受は刑法187条(富くじ販売等)に触れる恐れがあるので申し込んではいけません。

  • クレジットカード番号を知らせると、何度も引き落とされるトラブルに巻き込まれる恐れがあります。安易にカード番号を知らせてはいけません。詳しくは国民生活センターHPをご覧ください
    →こちら http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20070906_4.html



(本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署からの情報を元に編集し発行しています)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ