[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 「融資詐欺」で、60万円をだまし取られる

[2007年11月16日:公表]

「融資詐欺」で、60万円をだまし取られる

[第20号]

2007年11月16日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](479KB)

発生時期および場所

  • 平成19年10月下旬頃から
  • 中部地方で


被害内容

 大手金融機関の系列会社を装うところから、「年7パーセントで400万円を融資する」というハガキが届いた。利子が安いと思い、融資の申し込みをしたところ、「無担保で融資するには60万円を事前に振り込む必要がある」と言われ、指示通り、ATMから現金を指定の口座に振り込んだ。その後、別の理由でさらに40万円を振り込むように脅されたため、だまされたことに気付いた。



ひとこと助言

  • 大手金融機関の系列会社と偽り、融資を装ったダイレクトメールなどを送りつけ、保証金、登録料などの名目で事前にお金を振り込ませる「融資詐欺」の手口です。
    その後の調べで、当該業者は大手金融機関とは無関係であることがわかりました。

  • 一度お金を振り込んでしまうと、業者が次々と理由を変え、さらにお金を請求してくる危険性があります。絶対に払ってはいけません。疑問に思ったら消費生活センターに相談しましょう。



(本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署からの情報を元に編集し発行しています)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ