[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 除雪サービスの契約は慎重に!

[2014年2月7日:公表]

除雪サービスの契約は慎重に!

[第182号]

2014年2月7日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](279KB)

内容

事例1

雪下ろしを依頼した業者に、「1人2千円で3人で行く」と言われ、6千円ならよいかと思い来てもらった。作業終了後、「3人で3時間かかったので1万8千円」と請求を受けた。時間当たりの金額とは聞いていなかった。(70歳代 男性)

事例2

除雪作業を頼んだ業者から、シーズン契約の方がお得だと言われ、1月から3月まで月々2万円で契約し前払いをした。しかし、雪が積もっても除雪に来ないため連絡すると「10センチ以上降らないと除雪しない」と言われたり、作業内容によっては「シーズン契約に入っていない」と追加料金を請求されたりした。契約時にそのような説明はなかった。(60歳代 女性)



ひとこと助言

  • 雪の多い地域で、雪かきや雪下ろしなどの除雪作業に関するトラブルの相談が寄せられています。

  • 事例の他にも、雪解けの時期になってから、除雪作業の際に屋根等を破損したと思われることが分かったが、補償に応じてもらえなかった、などの相談もあります。

  • 契約する際は、実際に現場を見てもらったうえで、見積もりを取りましょう。依頼したい作業の具体的な内容や、破損があった場合の補償などについてもよく確認しましょう。

  • シーズン契約で前払いをすると、作業が行われなかった場合などに金銭面でも生活面でも被害が大きくなることがあるので、注意をしましょう。

  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ