[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 「国民生活センターから大切なお知らせ」という手紙はニセモノです!

[2013年1月18日:公表]

「国民生活センターから大切なお知らせ」という手紙はニセモノです!

[第154号]

2013年1月18日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](194KB)

内容

 過去に「未公開株」や「社債」「外国通貨」などの被害に遭った方宛てに、「国民生活センターから大切なお知らせ」と書かれた書面が送られていることがわかりました。封筒には、国民生活センターのロゴマークと実際の住所が書かれており、電話番号だけがニセモノとなっています。

 さらに「国民生活センターをかたる電話にご注意」などと記載して、書面が信頼できるものであるかのように装い、「未公開株の被害を調査している」などの不審な電話があった場合などに、書面に書かれたフリーダイヤル(国民生活センターの電話番号ではないニセの番号)に電話をするように誘導しています。



ひとこと助言

  • 「国民生活センターから大切なお知らせ」と題する書面は、国民生活センターが作成・郵送したものではありません。

  • この他、国民生活センターが当センターに相談したことのない人に「被害を取り戻せます」「被害の実態調査をしています」「(特定の事業者について)信用できます」などと電話をしたり書面を送ったりすることも絶対にありません。

  • 書面に書かれたフリーダイヤルに電話をすると、新たに未公開株の購入などを勧められるおそれがありますので、絶対に電話をしないでください。

  • 書面が届いた人には、今後も同様の書面や電話が来る可能性がありますので、注意が必要です。

  • このような書面が届いたら、お住まいの自治体の消費生活センター等にご一報ください。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「「国民生活センターから大切なお知らせ」との書面が郵送されてきたら、それはニセモノです!

<参考>
国民生活センターをかたる電話やパンフレットにご注意ください!


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ