[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 「布団などの売り込みに来ないようにしてあげる」と言われ、管理費用として50万円払ってしまった!

[2007年2月21日:公表]

「布団などの売り込みに来ないようにしてあげる」と言われ、管理費用として50万円払ってしまった!

[第13号]

2007年2月21日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](719KB)

発生時期および場所

  • 平成19年1月頃
  • 中部地方で


被害内容

 自宅に男性が訪問して来て、「あなたは何度も布団を買わされているようだが、今後一切、訪問販売などで売りつけられないように管理してあげる」、「そのためには、以前に買わされた布団の契約書と管理費用の50万円が必要」と言われた。何度も騙され、誰にも相談できず、一人で悩んでいたので50万円と関係書類を渡してしまった。



ひとこと助言

  • 一度契約するとその情報を元に何度も契約を迫る布団の二次被害と思われます。過去に何度も買わされてしまったという高齢者の心理的負い目を巧みに悪用したワナです。業者が過去に契約した関係書類を持ち去っていることから、今後、様々な商品の売り込みや関係業者を装って、お金を請求してくる恐れもあります。契約書などは絶対に渡してはいけません。

  • 勧誘されても業者の説明を鵜呑みにすることなく、即答せずに周りの方や消費生活センターに相談しましょう。



(本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署からの情報を元に編集し発行しています)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ