[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 永代供養の権利「高値で買い取ってもらえる」は信じない!

[2011年7月26日:公表]

永代供養の権利「高値で買い取ってもらえる」は信じない!

[第115号]

2011年7月26日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](264KB)

発生時期および場所

  • 平成23年4月
  • 関東地方


内容

 有名なお寺の永代供養に関するパンフレットが自宅に届いた。その後、業者から電話があり「永代供養の権利を500万円で買わないか。もっと高値で買い取ってくれる人がいる」と勧められた。「買える金額ではない」と断ったが、「震災で墓地を失った人が多くいるので1,000万円でも買いたい人がいる。100万円払って予約してくれれば、あとの400万円は自分が工面する」としつこく言われ、申込書をファックスした。しかしよく考え、後日電話で断ったところ「買わないなら訴訟する」と迫られ、結局100万円を振り込んでしまった。(60歳代 男性)



ひとこと助言

  • 「買った額より高値で買い取ってもらえるので商品や権利を買わないか」と持ちかける手口では、次々と新しい種類の商品や権利が出てきています。

  • 永代供養墓とは承継者に代わって寺院などが管理する墓のことで、通常、その権利や墓などを第三者に転売したりするものではありません。

  • このような手口で実際に買い取りが行われたケースは一件も確認されていません。また、業者と連絡が取れなくなってしまうことも多く、いったん支払ってしまうと被害の回復が困難です。

  • おかしいなと思ったら、振り込む前に身近な人やお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ