[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > あわてないで!震災に便乗した屋根修理サービス

[2016年4月18日:更新]
[2011年5月27日:公表]

あわてないで!震災に便乗した屋根修理サービス

[第110号]

2011年5月27日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](215KB)

内容

事例1

地震で屋根瓦が落ちてしまった。訪問してきた業者に屋根のふき替え工事を勧められたが、高額なので断っていた。しかし、1日に3〜4回訪問され、「判を押せ」とせかされて、契約してしまった。工事日も決まっていないのに「内金30万円をすぐ入れるように」と言われた。クーリング・オフしたい。(当事者:70歳代 女性)

事例2

義父が、突然訪問した業者に屋根のシート掛けの補修を勧められ、約30万円を全額前払いで支払った。あとで確認したところ、薄いビニールをテープで貼り付けただけのずさんな内容だった。(当事者:60歳代 男性)



ひとこと助言

  • 震災後、屋根の修理サービスに関する相談が多く寄せられています。

  • 「早く工事しないと大変なことになる」などと不安をあおって契約を急がせたり、工事内容についてあまり説明せずに工事をして高額な請求をしたりするケースが見られます。

  • 勧誘されてもその場ですぐに頼まず、工事の内容や費用についてよく確認した上で、家族などに相談したり複数の業者から見積もりをとったりして、十分に検討することが必要です。

  • 心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「慌てて契約しない!屋根の修理サービス−震災に便乗した悪質な勧誘に注意−

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ