[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 押し売り!マグロを勝手に切り分けられ、断ったら脅された!

[2011年1月7日:公表]

押し売り!マグロを勝手に切り分けられ、断ったら脅された!

[第101号]

2011年1月7日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](203KB)

内容

 業者が「マグロを100g1,500円で販売している」と家を訪ねてきた。マグロは好きなので「見せてほしい」と業者の車へ見に行ったところ、勝手に切り分けて「代金は15,000円だ」と言われた。マグロの色は悪く、値段も高いので断ると「切ったのだから絶対買ってもらう」とどなられた。「買うとは言ってない」と断ったが、「買うのが当たり前だ」と脅された。恐ろしかった。(70歳代 女性)



ひとこと助言

  • マグロやカツオなど魚介類の押し売りのトラブルの相談が増えています。「傷んでいて食べられなかった」「断ると、包丁でまな板をたたき怖かったので、代金を支払ってしまった」といったものもあります。

  • 玄関のドアを開けたり、商品を見せてもらったり、勧められて試食してしまったりすると断りにくいものです。訪問の目的を確認し、早い段階できっぱりと断りましょう。

  • たとえ買ってしまったとしても、訪問販売なので本来はクーリング・オフが可能です(現金取引で3千円以上の場合)。しかし、業者名や連絡先が分からないとクーリング・オフの手続きができず、被害の回復が困難です。

  • 心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「マグロやカツオの訪問販売に注意!−味見しませんか? 包丁を持って購入を迫る等のトラブルが起きている−

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ