[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 「NPOの環境保護団体」をかたり、浄水器を売りつける被害発生!

[2006年10月12日:公表]

「NPOの環境保護団体」をかたり、浄水器を売りつける被害発生!

[第5号]

2006年10月12日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](616KB)

発生時期および場所

  • 平成18年9月頃から
  • 関東地方で


被害内容

 「NPOの環境保護団体」を名乗り、「水道水のアンケートをお願い」と高齢者宅に電話をかけてきます。翌日「アンケートのお礼に、無料で浄水器を取り付ける」と訪問し、家の中に入り込みます。その後3時間以上も「水道水を飲むとガンになる」「この浄水器を使えば一生健康でいられる、安い買物だ」などと言って、約70万円もの浄水器を売りつけるものです。



ひとこと助言

  • 「NPO」や「環境保護団体」の名をかたることで高齢者を信用させ、「アンケートのお礼」を口実に家の中に入り込み、高額な浄水器を売りつける手口です。浄水器の効果はわかりません。「帰って」と言っても業者が居座る場合は警察に通報しましょう。

  • 心配なときは、お近くの消費生活センターに相談してください。




(見守り新鮮情報は、都道府県等から寄せられた情報をもとに編集し発行しています)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ