[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 人を紹介すれば月に8万円の収入と勧誘される被害広がる!

[2006年9月22日:公表]

人を紹介すれば月に8万円の収入と勧誘される被害広がる!

[第3号]

2006年9月22日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](866KB)

発生時期および場所

  • 平成18年9月頃から
  • 中国地方で


被害内容

 中国地方で、聴覚障害のある高齢者に、同じく聴覚障害者の友人が「月に8万円の収入」と誘って、50万円もする「パソコンソフト」を売りつける被害が広がっています。パソコンを持っていない人にも、「パソコンのオンラインゲームは利益が多い。ソフトを買ってくれる人を紹介すれば、月に8万円の収入になる。」と誘います。友人の言うことなので、すっかり信用して、50万円支払ってしまう被害が増えています。



ひとこと助言

  •  障害者の強いつながりを巧みに利用し、人を勧誘すれば利益が出ると勧誘する手口です。勧誘している人も、友人に誘われて被害にあっていることが多く次から次に被害が拡大する危険性があります。パソコンソフトを売るといっても難しく、必ず収入が得られるとは限りません。被害にあわない前にキッパリと断りましょう。

  • 心配な時は、お近くの消費生活センターに相談してください。



(見守り新鮮情報は、都道府県等から寄せられた情報をもとに編集し発行しています)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ