[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > モデルになるはずが、ネックレスを高額で買うことに

[2015年4月22日:公表]

モデルになるはずが、ネックレスを高額で買うことに

[第87号]

2015年4月22日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](195KB)

内容

事例

街で「雑誌モデルにならないか」と声をかけられ、説明を聞いた後、「次の審査に進むために無料の美顔エステを受けてほしい」と言われエステサロンに行った。そのサロンで紹介された人から「50万円のネックレスを買ったことにすると無料で脱毛エステを受けることができる。クレジット契約の毎月の支払いは当社がする。あなたには迷惑はかけない」と言われ契約した。しかし、1回分の入金があっただけで、その後、連絡が取れなくなった。

(大学生 女性)



ひとことアドバイス

  • 「モデルにならないか」などと街で声をかけられたのをきっかけに、複数の事業所や従業員が登場し、商品を購入させられ、最終的に高額なクレジットの支払いが残ったという相談が寄せられています。

  • 業者は、その気になるような言葉をかけてきますが、販売目的を隠した勧誘の可能性があります。その場で承諾せずに、家族に相談するなど慎重に検討しましょう。

  • 「当社が支払う」「後で返金する」などと言われても、信用してはいけません。そのような場合は、絶対に契約しないことが大切です。

  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ