独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 重症!就寝中にロフトベッドから転落

ここから本文
[2010年5月20日:公表]

重症!就寝中にロフトベッドから転落

[第27号]

2010年5月20日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](228KB)

内容

事例

インターネット通販で購入したロフトベッドから、娘が寝返りをうったときに転落した。胸の骨を折って1カ月ほどの入院が必要になった。寝たきりになってもおかしくない事故だと病院で言われた。

(当事者:8歳 女児)

ひとことアドバイス

  • ロフトベッドなどの「二段ベッド」は、SG基準やJIS規格によってベッドの手すりの高さなど、安全に関する基準が決められています。

  • この事例の製品はこれらの認証は受けていないものの、基準は満たしていました。

  • ロフトベッドや二段ベッドは、限られた空間を有効に使うためには役立つものですが、落下した場合は、重大事故になる可能性があります。上段に寝かせる場合は子どもの年齢を考慮する、敷布団やマットレスの厚さを差し引いて手すりの高さを確保するなど、安全について十分な配慮が必要です。


本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行し ています。

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について