[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > ブーツのボンボン飾りがからまり、転倒!

[2010年3月3日:公表]

ブーツのボンボン飾りがからまり、転倒!

[第25号]

2010年3月3日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](130KB)

内容

事例

 小学4年の娘が小走りしていたところ、履いていたブーツ(24cm)に付いていた左右の飾りがからまったため転倒し、ひざなどを打撲した。まわりに縁石も多く、転んだ場所によってはさらに危ないと感じた。

(事故発生:2009年11月 当事者:女児 10歳)



ひとことアドバイス

  • このブーツは、球状の飾りの付いた2本のひもが、左右の靴の前の部分に結ばれて付いているもので、子ども靴のコーナーで販売されました。

  • 似たデザインのブーツいくつかで検証試験をしたところ、このような飾りが付いたブーツは、左右の飾りがからまることがあるということが分かりました。

  • 子ども用衣類のひもや装飾については業界団体による安全対策のガイドラインがありますが、靴は含まれていません。

  • 子ども用の靴を購入するときは、デザインに目がゆきがちですが、安全の面にもまわりの大人が気をつけるなどの配慮が必要です。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。
詳細は「ジュニア用ブーツの左右の飾りが絡まり転倒

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ