[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 歯みがき中の思わぬ事故!

[2009年10月16日:公表]

歯みがき中の思わぬ事故!

[第19号]

2009年10月16日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](165KB)

内容

事例1

 歯みがき中に誤って転倒し、歯ブラシが口の中に刺さり、生命の危険がある重症を負った。

(当事者:2歳 女児)

事例2

 歯ブラシを口に入れたまま駆け回っていたところ、壁にぶつかり、口の中を切って入院した。

(当事者:2歳 女児)

事例3

 親のひざ枕で歯をみがいていたところ、親に抱きついてきた弟がぶつかり、口の中を切り、入院した。

(当事者:6歳 男児)



ひとことアドバイス

  • 子どもが、歯ブラシを口に入れたまま転んだりぶつかったりすると、思わぬ重症を負う事故になる可能性があります。

  • 平成20年の1年間に、東京消防庁管内で、救急車で搬送された歯ブラシ事故をみると、その約7割は1〜2歳児です。

  • このような事故が起きていることや、幼児は転びやすいことをふまえ、保護者は、幼児が歯ブラシを使うときには、十分な注意をしましょう。




本情報は、総務省消防庁の情報をもとに編集・発行しています。

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ