[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 自転車の幼児座席が荷台ごとはずれてケガ!原因は?

[2009年7月1日:更新]
[2009年6月30日:公表]

自転車の幼児座席が荷台ごとはずれてケガ!原因は?

[第15号]

2009年6月30日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](187KB)

内容

事例1

自転車の荷台の後部支柱が脱落したため、幼児座席が荷台ごとはずれた。乗っていた子どもが頭から転落、病院に行った。

(当事者:5歳)

事例2

自転車に子どもを乗せて走行中、荷台を止めるねじがはずれ、子どもが幼児座席から放り出されて転落し、脳しんとうを起こした。

(当事者:5歳)

事例3

子どもを自転車に乗せているとき、荷台の鉄部が折れて幼児座席がはずれたため、子どもが投げ出され、頭に傷を負った。

(当事者:8歳)



ひとことアドバイス

  • 各都道府県の道路交通規則により、幼児座席を取り付けて同乗させることができるのは、6歳未満の幼児1人までです。※

  • 自転車の荷台には、「積載荷重の上限」があります。現在市販されているものの多くは「18kg」です。「18kg」タイプに、15kgを超える幼児(幼児座席を3kgと想定)を乗せることは危険です。

  • 積載荷重の上限が25kgの荷台がはじめから付いている自転車も市販されています。子どもの体重が20kg程度になる頃まで使用するなら、そのタイプの自転車を使いましょう。

  • 荷台には積載荷重の上限を表す値が刻印されていますが、表示方法は様々で、わかりにくいものが多くあります。販売店によく確認しましょう。

  • 商品テストの結果から、荷台の振れ幅が普段より大きいと感じたら、破損する前兆と考えられます。異常を感じたら子どもを乗せないようにしましょう。

※道路交通規則の改正により、2009年7月1日から、多くの都道府県で、安全基準を満たした特定の自転車であれば、6歳未満の子ども2人を乗せることが認められた。(2009年7月1日更新)




本情報は、国民生活センターの情報をもとに編集・発行しています。
詳細は「自転車の荷台の強度−幼児座席を安全に使用するために−

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ