独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 新生活! 若者を狙うもうけ話に注意

ここから本文
[2018年4月11日:公表]

新生活! 若者を狙うもうけ話に注意

[第127号]

2018年4月11日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](200KB)

内容

事例

SNSで知り合った人から、もうかる話があると誘われてカフェで投資ソフトについて説明を聞いた。その後、会社の社長の自宅タワーマンションに呼ばれ、「価格は240万円だが半額にする。その内の60万円は会社負担にするので60万円支払ってほしい」と言われた。「お金がない」と断ったが、消費者金融で借りればいいと言われ、指示どおり、会社員と身分等を偽ってお金を借りた。人を勧誘すれば8万円もらえると聞いていたが、説明とは異なり簡単にはもうからない。

(当事者:大学生 男性)

ひとことアドバイス

  • 大学生等になると、行動範囲が広がる一方で、言葉巧みに勧誘されてトラブルに巻き込まれるケースがあり、中には、高額なものを借金してまで契約させられるという例もみられます。

  • 身近な友人や先輩、SNSやサークルで知り合った人に、マルチ取引やもうけ話の勧誘をされることもあります。また、自分自身も友人を勧誘する側になり、人間関係を壊したり、金銭トラブルに陥ったりすることもあるため、特に注意が必要です。

  • もうけ話をうのみにせず、不必要な契約は勇気を出してきっぱりと断りましょう。

  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等に相談しましょう(消費者ホットライン188)。


本情報は、国民生活センターの公表資料をもとに編集・発行しています。

<参考>
二十歳の君へ−消費者トラブルに巻き込まれない成人(おとな)になろう!!−
成人になると巻き込まれやすくなる消費者トラブル−きっぱり断ることも勇気!−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について