独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 子どもに持たせる防犯ブザーの故障が多発!−定期的にチェックしましょう−

ここから本文
[2008年12月25日:公表]

子どもに持たせる防犯ブザーの故障が多発!
−定期的にチェックしましょう−

[第9号]

2008年12月25日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](125KB)

内容

事例1

 子どもに持たせている防犯ブザーがすぐに壊れる。

事例2

 つまずいた衝撃で、防犯ブザーが鳴りっぱなしになった。ボタンを押しても音を止められなかったので、電池を抜いた。

ひとことアドバイス

  • 防犯ブザーは、いざという時に確実に作動しなければ意味がないものですが、最初から鳴らなかった、壊れやすいという苦情が寄せられています。

  • そこで、(財)全国防犯協会連合会の優良防犯ブザー推奨品の中から、8銘柄を選び各10個ずつ、1mの高さから落下させる実験を行ったところ、6回までの落下で全銘柄のブザーが鳴らなくなる、あるいはブザーの音が小さくなる等の故障が生じました。

  • 強い衝撃を与えるなど乱暴な扱いをしないようにしましょう。また、定期的に電池の消耗や故障が生じていないか、作動確認を行うことも大切です。

  • 心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。


本情報は、国民生活センターの情報をもとに編集・発行しています。
詳細は「子どもを守れるのか!!防犯ブザーの故障が多発!

● 全国の消費生活センター等の相談窓口


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について