独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 商品テスト > 商品テスト結果 > 商品テスト結果概要 > エアーベッドの空気漏れに注意(報道発表)

ここから本文
[2021年1月:公表]

エアーベッドの空気漏れに注意(報道発表)

目的

内蔵された電動ポンプで空気を充填(じゅうてん)するエアーベッドに関する相談が近年急増している。PIO-NETでは2020年10月までの約5年間に、エアーベッドに関する相談が442件寄せられており、そのうち約7割が空気漏れに関する相談だった。そのうち、空気漏れに関連した危害・危険事例は9件見られ、「空気が漏れて身動きができなくなった。」、「空気が漏れて転げ落ちけがを負った。」といった内容であった。当センターにも、エアーベッドの空気漏れに関するテスト依頼が消費生活センターから寄せられている。そこで、主に空気漏れに関する事故事例の再現テストを行い、エアーベッドの使い方について消費者へ情報提供することとした。

テスト結果の概要

空気をクッション材として使用するエアーベッドでは、空気圧が低下した状態で使用し続けると、ベッドの端から転落することがある。転落してけがを負った事例も複数見られたことから、空気圧が低下した状態では使用しないこと。エアーベッドには、特有の使用上の注意点があるので、購入する際はよく確認すること。購入した場合は、商品到着後速やかに空気漏れがないかを確認すること。使用する場合は、周囲に鋭利なものがないことを確認するとともに、使用する際の服装やポケットの内容物にも注意すること。エアーベッドが破損し空気漏れ等の原因となる可能性があるため、取扱説明書に表示された電動ポンプの運転時間を確認し、空気を入れ過ぎないようにすること。

公表年月日

2020年12月17日