独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 商品テスト > 商品テスト結果 > 商品テスト結果概要 > 自動車用緊急脱出ハンマーによるガラスの破砕(報道発表)

ここから本文
[2020年9月:公表]

自動車用緊急脱出ハンマーによるガラスの破砕(報道発表)

目的

車内に閉じ込められてしまった際に、シートベルトを切断し、ドアガラスやサイドガラスを破砕して車外へ脱出するためには自動車用緊急脱出ハンマーが有効であるが、近年では静粛性向上を目的にドアガラスに合わせガラスを採用した車種も増えている。こうした車種の場合、ドアガラスを緊急脱出ハンマーで破砕することができない。そこで、緊急脱出ハンマーの普及状況や自動車用ガラスの種類の実態をアンケート調査するとともに、ドアガラス破砕や、緊急脱出ハンマーに付属していることの多いシートベルトカッターのシートベルト切断等についてテストを行い、適切な脱出方法について、情報提供することとした。

テスト結果の概要

急に水かさが増したり、冠水した道路には浸入しないようにすること。自動車が水没しても、まずは落ち着いて「シートベルトを外す」、「ドアを開ける」、「窓を開ける」ことができるかを試みること。窓を開けたりドアガラスを破砕したりすることができないときは車内外の水圧差がなくなるまで浸水するのを待ち、ドアを開けて脱出すること。合わせガラスは緊急脱出ハンマーで破砕することはできない。自分の自動車のどの箇所のガラスが緊急脱出ハンマーで破砕することのできるかをあらかじめ確認しておくこと。自分の自動車で使用可能であれば、緊急脱出ハンマーを備え付けましょう。緊急脱出ハンマーはJIS規格等のマークが付いている信頼できる商品を選ぶこと。緊急脱出ハンマーはシートベルトカッターがついているものを選ぶか、ついていない場合はシートベルトカッターを別途用意すること。運転者がシートベルトに拘束されて身動きが取れなくなっても、手の届くところに安全に固定されるように設置すること。

公表年月日

2020年8月20日