独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 商品テスト > 商品テスト結果 > 商品テスト結果概要 > 柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供(2020年)(報道発表)

ここから本文
[2020年5月:公表]

柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供(2020年)(報道発表)

目的

国民生活センターでは2013年に、PIO-NETに寄せられる「柔軟仕上げ剤のにおい」に関する相談件数が増加傾向にあるとして情報提供を行ったが、それ以降も「柔軟仕上げ剤のにおいがきつくて頭が痛くなる」などの相談情報が毎年年間130〜250件程度寄せられている。2013年に実施したテストでは、強い芳香のある柔軟仕上げ剤を使用した洗濯物を室内に干した場合に、においのある成分もにおいのない成分も含んだ、揮発しやすい成分が多く放散されることも確認された。そこで、新たに寄せられた相談情報の内容を分析し、併せて現在販売されている柔軟仕上げ剤を使用した洗濯物から放散される、総揮発性有機化合物(TVOC)やにおいの強さ、現在販売されている商品の表示を調べ、商品選択や使用にあたっての注意点等を消費者に情報提供するとともに、関係機関への要望および情報提供を行うこととした。

テスト結果の概要

自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じ、中には体調を崩すという申し出もあるということを認識すること。香りの強いタイプの柔軟仕上げ剤を表示の2倍量使用すると、総揮発性有機化合物(TVOC)は顕著に上昇したが、臭気判定士により調べたにおいの強さに明らかな差は認められなかった。使用量の目安を参考に、過度な使用は避けること。商品を選択する際は、商品のパッケージ等に記載されている「香りの強さの目安」を参考にすること。業界・事業者に消費者の適切な商品選択のために、業界で「香りの強さの目安」に関する表示方法の指針等を設けること、製品に意図的に配合された0.01%以上の香料成分について、具体的な成分名の表示を検討すること、引き続き、消費者に分かりやすい形で、適切な使用量を守るよう促す取り組みを行うよう要望した。

公表年月日

2020年4月9日