[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 相談事例と解決結果 > 一度だけ利用後、高額料金を請求されたツーショットダイヤル

[2006年6月21日:掲載]

一度だけ利用後、高額料金を請求されたツーショットダイヤル

 自宅ポストに入っていたチラシを見てツーショットダイヤルを一度だけ利用した。利用後、電話で金額と振込み先金融機関の口座番号を知らされたがそのまま忘れてしまい支払わずにいた。3か月くらいたって、ツーショットを利用したことも忘れかけていた頃、見知らぬ業者名で「連絡したいことがある」という電報が届いた。思い当たることがなかったが連絡してみたところ、伝言ツーショットダイヤルの利用料金が未払いで、サービス提供業者から債権回収を依頼されたという。こちらの住所等調べるための調査費7万円、延滞料1日300円で2ヶ月60日分1万8,000円を情報料4,500円に加えて、総額10万円近くを支払うよう請求された。ツーショットダイヤルは確かに利用したのに支払っていなかったので、利用した情報料は支払うつもりだが、その他の調査料等を支払わねばならないか。

(男性 給与生活者)


アドバイス

 サービスを利用していれば、その利用料分の支払い義務はあるといえます。ただし、支払うべき相手はそのサービスを提供した事業者です。また、契約当初に約束があったわけではない延滞料や調査料を支払う必要はないと考えられ、支払うとしても情報料に最大年利6%の延滞利息を足した金額までです。それ以上を要求されても応じないことです。



コメント&解説

 ツーショットダイヤルの情報料の請求は本来はサービス提供業者からくるものですが、サービス提供業者ではなく債権回収業者を名乗るところや、まったく関係のない事業者から請求がくるケースも多く見られます。

 サービス提供業者は、未収となっている情報料の回収を債権回収業者に依頼して、債権回収業者は回収した情報料の中から手数料を差し引いてサービス提供業者に渡しています。債権回収業者は成功報酬を得るために契約者と思われる人の名前や住所を探し出して情報料の回収を行っていると考えられますが、正規の資格がある事業者(サービサー)以外がこのような回収の代行をすることは、法律(弁護士法)に違反する恐れがあります。また、ツーショットダイヤルの債権回収業者が、正規の資格をもって回収代行をしてきたケースは消費生活相談において過去に1件もありません。

 また、まったく関係のない事業者から請求を受けるケースの背景として、ツーショットダイヤル利用者の名簿が業者間で売買されていたり、ツーショットダイヤル業者の社員が外部に名簿を持ち出したりするなど、個人情報が漏洩していることが疑われます。

 いずれにせよ、ツーショットダイヤル業者に自分の個人情報を知られるということは、このような危険と背中合わせのことであり、後払い式のツーショットダイヤルを利用すること自体が、消費者トラブルの入り口に自ら足を踏み入れることになることを自覚してください。




※当相談事例は2001年1月に掲載し、一部加筆・訂正を行い、再掲しました。



ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。
同じような商品・サービスに関するトラブルであっても、個々の契約等の状況や問題発生の時期などが異なれば、解決内容も違ってきます。

相談事例と解決結果トップページへ

ページトップへ