独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 国民生活センターについて > 採用募集 > 越境消費者相談業務を担当する相談員の募集について

ここから本文

越境消費者相談業務を担当する相談員の募集について

インターネットの普及等により、海外ネットショッピングなど、日本の消費者が国境を越えて海外の事業者と取引を行う機会が増えており、これに伴い日本の消費者と海外の事業者との間のトラブル(越境消費者トラブル)が増加し、その内容も旅行のトラブルや連鎖販売取引、金融商品など多様化しています。

国民生活センターでは、こうした越境消費者トラブルの解決支援のために「国民生活センター越境消費者センター(CCJ)」を運営しております。

今般、CCJの相談処理体制の更なる充実・強化を図るべく、相談員として越境消費者分野の消費生活相談業務に関わりたいと考えている人材を募集します。

越境消費者相談を本格的に取り扱う機関はまだまだ限られており、CCJはその先駆的な取り組みとなっています。消費生活相談の最先端分野での相談対応(消費者への助言やあっせん)や、海外機関や全国の消費生活センターとの連携を通じて、相談員としてのスキルと専門性と高めることができる業務です。今後注目度と必要性が高まる国際的な新しい分野での相談処理に取り組んでみませんか。

職務内容

  • 越境消費者トラブルに関する相談処理(消費者への助言やあっせん(一部、電話での対応あり)
  • 消費生活センターとの共同的な相談処理への対応
  • 海外機関との共同的な相談処理への対応
  • その他関連業務
  • ※英語を使う業務については、他のスタッフと協力して業務を行います。

応募資格

以下の「相談員A」又は「相談員B」の条件に該当する方

相談員A

  • 消費生活専門相談員、消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタントのいずれかの資格を有する方
  • 相談員として5年程度勤務した経験又は類似の勤務経験がある方
  • 高校中級程度(例:TOEIC500点程度以上、英語検定準2級程度以上)の英語力を持つ方

相談員B

  • 消費生活専門相談員、消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタントのいずれかの資格を有する方
  • 相談員として1年以上勤務した経験又は類似の勤務経験がある方
  • 大学中級程度(例:TOEIC730点程度以上又は英語検定準1級程度以上)の英語力を持つ方
  • ※実際に対応いただく業務は、相談員A・Bともに共通です。
  • ※相談員A・Bともに、応募資格については、英語力も含め目安となりますので、お気軽にお問合せください。
  • ※語学資格の証明書は必須ではありませんが、保有されている場合は積極的に履歴書にご記載ください。
  • ※障がい者可(設備としては、玄関スロープ、エレベーター、階段手すり(片側)があります)

勤務開始日

応相談

契約期間

2019年3月31日まで(業務の状況により契約を更新する場合もあり)

採用人数

若干名

採用形態

消費生活相談員(非常勤職員)

待遇

相談員A・相談員B

給与:日額16,071円〜(経験等を勘案して決定)
交通費:実費相当(55,000円/月を上限)
社会保険等:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

勤務時間

9時30分〜18時(休憩時間は12時〜13時)

勤務日数

1カ月16日(土曜・日曜・祝日及び12月29日から1月3日は除く)

勤務地

独立行政法人国民生活センター 東京事務所
〒108-8602 東京都港区高輪3-13-22

応募方法

履歴書(写真貼付)を下記宛先まで郵送してください。

  • ※履歴書送付にあたっては、「越境消費者相談担当 相談員A」または「越境消費者相談担当 相談員B」と明記してください。
  • ※ご提出いただいた履歴書は、採用選考の資料としてのみ使用します。選考の結果、採用となった方の履歴書は非常勤職員情報として管理し、採用されなかった方の履歴書は、選考終了後にご返却いたします。
  • ※電子メールやホームページによる応募は受け付けておりません。

応募締め切り

随時(採用者が決まった段階で締め切ります)

選考方法

書類選考及び面接等(パソコンでの簡単な翻訳作業をしていただきます)

  • ※面接については東京事務所で実施いたします。書類選考通過者には日程を後日連絡いたします。不採用の方には郵便でお知らせいたします。

詳細問い合わせ及び選考書類の送付先

独立行政法人国民生活センター 相談情報部 相談第3課(担当:枝窪、佐野)
〒108-8602 東京都港区高輪3-13-22
電話番号:03-3443-6029