[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 国民生活センターの出来事 > 2017年10月20日、21日 くらしフェスタ東京2017 交流フェスタへ参加

[2017年11月8日:公表]

2017年10月20日、21日 くらしフェスタ東京2017 交流フェスタへ参加

 毎年10月に新宿駅西口広場で開催されている「交流フェスタ」に今年も参加しました。

 国民生活センター含め、消費者団体、事業者、事業者団体、行政等55団体が一堂に集まり、消費生活全般にわたって、多方面から情報が発信されました。

 「交流フェスタ」は、東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京2017」の中の催しのひとつです。本年度は、消費者週間として始まった1978年から数えて、40回目の節目の年となりました。

 「交流フェスタ」の会場では、クイズラリー等が行われたこともあり、2日間を通して約38,000人の来場者がありました。各出展ブースは、終始来場者でにぎわい、当センターのコーナーにも多くの方にお立ち寄りいただきました。

 当センターは、「ご存知ですか?身近な危険」をテーマに、身近に潜む製品事故や誤飲事故等の危害事例をパネルにして展示しました。

 また、実際にどのような危害が起きるのかをテスト検体を用いて説明をし、くらしの中にある危険について理解を深めていただきました。

身近に潜む製品事故等をパネルにした展示の様子
国民生活センター 展示コーナー

クイズラリーに参加したこともあり、多くの来場者でにぎわう展示コーナーの様子
クイズラリーに参加する来場者でにぎわう展示コーナー

テスト検体を用いて、来場者にくらしの中の危険について説明している様子
展示パネルの内容など身近に潜む危険について来場者に説明

テスト検体を用いて、誤飲事故について来場者に注意を促している様子
誤飲事故の危険性についてご家族連れの来場者に説明している様子


国民生活センターの紹介トップページへ

ページトップへ