独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 国民生活センターの出来事 > 2015年12月18日、21日 河野太郎内閣府特命担当大臣が東京事務所及び相模原事務所を視察

ここから本文
[2015年12月24日:公表]

2015年12月18日、21日 河野太郎内閣府特命担当大臣が東京事務所及び相模原事務所を視察

 河野太郎内閣府特命担当大臣が平成27年12月18日に当センター東京事務所を、12月21日に相模原事務所を視察されました。

 東京事務所では、相談情報部で各地の消費生活センターからの相談(経由相談)等について説明を受け、消費生活相談員の対応をご覧になりました。その後、ADR(裁判外紛争解決手続)やPIO-NET(全国消費生活相談情報ネットワーク・システム)等についての説明を熱心にお聞きになりました。

 相模原事務所では、研修施設の活用状況について説明を受け、その後、商品テスト部で鞄等の材質検査、吸水ボール、ボタン電池の化学ヤケド、ロボットによる耐久性試験等の実験現場を回り、熱心にご覧になっていました。

 視察後の報道機関からの取材に対して、「国センは専門性を高めており、非常に良いことだと思う」(東京事務所)、「商品テストの説明を受け、さまざまなところに危険があることを感じた。危ないものを一つ一つ的確に取り除き、安心して消費生活を送れるようにしなくてはならないという気がした」(相模原事務所)等の感想を述べられました。

相談情報部を視察する河野大臣の写真
相談情報部を視察する河野大臣

商品テスト部を視察する河野大臣の写真
商品テスト部を視察する河野大臣

報道機関からの質問を受ける河野大臣の写真
報道機関からの質問を受ける河野大臣