独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 国民生活センターの出来事 > 2015年7月1日 山口俊一内閣府特命担当大臣が東京事務所を視察

ここから本文
[2015年7月3日:公表]

2015年7月1日 山口俊一内閣府特命担当大臣が東京事務所を視察

 消費者ホットラインの3桁化「188」が開始した平成27年7月1日、山口俊一内閣府特命担当大臣が当センター東京事務所を視察されました。

 大臣は品川区消費者センターの視察後、当センターを訪れ、相談情報部で各地の消費生活センターからの相談(経由相談)等について説明を受け、消費生活相談員の対応をご覧になりました。その後、ADR(裁判外紛争解決手続)やPIO-NET(全国消費生活相談情報ネットワーク・システム)についての説明を熱心にお聞きになりました。

 視察後の報道機関からの取材に対して、「今日からスタートする消費者ホットラインの新しい番号『188』を周知、広報する意味合いもあり、品川区の消費者センターと国民生活センターの2か所を視察させていただいた。国民生活センターはいろいろな形で各地消費生活センターをバックアップしている。特にPIO-NETが利活用されており頼もしく思っている」等の感想を述べられました。

業務説明を受ける山口大臣の写真
業務説明を受ける山口大臣

視察中の山口大臣の写真
視察中の山口大臣

報道陣からの質問を受ける山口大臣の写真
報道陣からの質問を受ける山口大臣