独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 国民生活センターの出来事 > 2015年1月22日 山口俊一内閣府特命担当大臣が相模原事務所を視察

ここから本文
[2015年1月26日:公表]

2015年1月22日 山口俊一内閣府特命担当大臣が相模原事務所を視察

 山口俊一内閣府特命担当大臣が、平成27年1月22日に当センター相模原事務所の視察をされました。

 視察は、当センターの業務説明を受けた後、商品テスト施設でカラーコンタクトレンズや健康食品、冷感スプレー、ボタン電池の化学やけど等の実験現場を回り、担当者と熱心に質疑をなされていました。その後、来年度再開予定の教育研修施設の見学をしていただきました。

 視察後の報道機関からのインタビュー取材では、「非常に大事な役割をしているところなので参考になった、今後も消費者庁と連携し注意喚起もしっかり発信してほしい。これから技術革新などにより多岐にわたる問題が起きてくると思われるため、そういうものにどう対応するかの課題はあると思う。注意喚起は全ての消費者へ対して必要だが、特に事故防止という点では小さなお子さんや高齢の方へはとりわけ注意が必要であろう」等の感想を述べられました。

(文責:独立行政法人国民生活センター)

業務説明を受ける山口大臣の写真
国民生活センターの業務説明を受ける山口大臣

カラーコンタクトレンズのテスト検体を手に取る山口大臣の写真
カラーコンタクトレンズのテスト検体を手に取る山口大臣

ボタン電池による化学やけどの再現テストについて説明を受ける山口大臣の写真
ボタン電池による化学やけどの再現テストについて説明を受ける山口大臣

研修施設内を見学する山口大臣の写真
研修施設内を見学する山口大臣