[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 通報/相談窓口・紛争解決 > 消費者団体訴訟制度(団体訴権)の紹介 > 「消費者団体訴訟制度」はなんという法律で決まっているのですか?

「消費者団体訴訟制度」はなんという法律で決まっているのですか?

 「消費者団体訴訟制度」は「消費者契約法」の中で定められています。

 「消費者契約法」は、消費者と事業者が対等に契約できるように生まれたルールを定めています。
 消費者と事業者の間には「情報の質や量」「交渉力」に大きな差があるといわざるをえません。
 力の差がある者が対等に取引するためには、その差を埋めるルールが必要なのです。

 「消費者契約法」は、消費者と事業者とのあいだのすべての契約に適用されます。

 「消費者契約法」をもっと知りたい方は「消費者契約法(消費者庁)」へ

 消費者契約法は2001年に施行された法律ですが、「団体訴訟制度」は法改正により加えられ、2007年から実施されています。

 また、2008年の法改正により「景品表示法」「特定商取引法」にも「消費者団体訴訟制度」が導入されました。

消費者団体訴訟制度(団体訴権)の紹介トップページへ

ページトップへ