[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 業務案内 > 出版物の紹介 > 消費生活年報2014

[2015年8月26日:更新]

消費生活年報2014

 国民生活センターの発行する年次報告書「消費生活年報」は、国民生活センターや全国の消費生活センター等に寄せられた消費生活相談情報に基づく統計・分析結果をはじめ、関連データを掲載したものです。

 消費者問題の情報源として、消費者問題に携わる方はもちろん、消費者問題に興味関心のある方、研究者、学生の方も必読の1冊となっております。


消費生活年報2014表紙

消費生活年報2014
(A4判 104ページ)

2014年10月1日発売
1,029円(本体953円+税8%)


ご注文について

バックナンバー

「消費生活年報2014」はPDF形式でホームページにも掲載しています。

消費生活年報2014の訂正とお詫びについて


2014年度版の特徴

 本書は、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた全国の消費生活相談の傾向と特徴、危害・危険情報などの詳細な統計・分析結果や、国民生活センターが受け付けた消費生活相談等の概要を収録しています。また、消費生活関連資料として「全国の商品テスト概要」等も掲載しています。



目次

最近の消費生活相談の傾向と特徴

2013年度の消費生活相談の傾向と特徴

  1. (1)高齢者の相談が引き続き増加、70歳以上の割合は10年で約3倍に増加
  2. (2)インターネット関連の相談は引き続き増加、トラブルも国際化
  3. (3)「安全・品質」に関する相談が2004年度以降最多

消費生活相談から見たこの1年

PIO-NETにみる消費生活相談 −全国のデータから−

  1. (1)相談件数等
  2. (2)相談にかかわる商品・役務
  3. (3)相談内容別の傾向
  4. (4)販売購入形態別の傾向
  5. (5)契約金額等
  6. (6)販売方法や手口等

PIO-NETの危害・危険情報と医療機関ネットワークの情報

  1. (1)危害・危険情報と医療機関ネットワークの情報
  2. (2)消費生活センターに寄せられた危害情報の概要
  3. (3)消費生活センターに寄せられた危険情報の概要
  4. (4)消費生活センターに寄せられた危害・危険事例
  5. (5)医療機関ネットワークの情報とその活用

国民生活センター相談窓口に寄せられた消費生活相談

  1. (1)平日に寄せられた相談
    (経由相談、平日バックアップ相談、お昼の消費生活相談、各種110番)
  2. (2)土日祝日相談
  3. (3)個人情報相談

国民生活センターによる情報提供(2013年度)

消費生活関連資料

全国の商品テスト概要

  1. (1)苦情処理テスト
  2. (2)商品テスト(比較・試買テスト)

消費者問題に関する2013年の10大項目



消費生活年報2014の訂正とお詫びについて(2015年8月26日掲載)

 消費生活年報2014の一部に誤りがありました。訂正とともにお詫び申し上げます。

「消費生活センターに寄せられた危害情報の概要」に関する訂正

47ページの表18の2012年度の対前年度比の一部



国民生活センターの紹介トップページへ

ページトップへ