[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 業務案内 > 出版物の紹介 > 月刊「たしかな目」 3月号(販売は終了しています)

月刊「たしかな目」 3月号(販売は終了しています)

『たしかな目』は豊かで安全な暮らしを望む消費者のための月刊誌です。
社会的に中立、公正な立場で行った苦情処理や商品テスト結果をもとにした情報など、暮らしに役立つさまざまな情報をわかりやすく掲載しています。


月刊「たしかな目」 3月号の表紙

2006年3月号 2月7日(火曜) 発売

定価450円(税込み)


目次

【ご用心】
地上デジタルテレビ放送移行に便乗した架空請求
●商品テスト
おしゃれ用カラーコンタクトレンズの安全性
− 視力補正を目的としないものを対象に −
●安全な視力矯正を−コンタクトレンズなど
【業界の意見】
【いかがしました?からだ・こころ・くらし】
あなたの悩みに専門家がお答えします
【入門 金融商品】
商品先物取引って?
【とことん追跡隊が行く】
水栓レバーは上げるの?下げるの?
【創刊25周年】
「たしかな目」が診た商品・25年
− 商品はどう変わった? −
【暮らしの110番】
シックハウス相談窓口
NPO法人 生活環境協会
【あなたの街の消費生活センターがテストしました!】
  • 危険!! ドーナツが突然破裂!
  • 防災用ずきん・シート・ライト・ラジオ
【生中継! 介護日記】
認知症でも自宅で暮らし続けられるくふうを
【情報スクランブル】
【海外トピックス】
【あがり目さがり目】
●特集
マンション耐震強度偽装で広がる不安
うちは大丈夫?
【アンケート】
【主要記事インデックス】
●くらし注意報
海外で利用できる携帯電話のトラブル
【リコール】
「この商品」ありませんか?
【全国の消費生活センター相談電話一覧】
【くらしの情報交流プラザ便り】
【ぱわふる市民活動】
親子で食育を
【表示から見る「食」の素顔】
生鮮魚介類
【相談の現場から】
個人情報の利用停止を申し出たら住民票が必要と言われた
【服部幸應さんが選ぶ「わが家のレシピ」】
いわしときのこの ちゃんこなべ


訂正とお詫び

本誌 3月号のコンタクトレンズに関する記事に誤りがありました。以下のように訂正し、お詫びいたします。

14頁
(1) 表:【主なコンタクトレンズの特徴】
・シリコンハイドロゲルCLの項
 〈使用サイクル〉:「約1年〜約1年半」 → 「最長1か月」に訂正
 〈たんぱく除去〉:「必要」 → 「通常不必要」に訂正
 〈出典〉:「『日本眼科学会雑誌』109巻10号」によるものではなく、本誌独自の取材でした。
(2) 本文:3段目1〜5行目
 「就寝時も……受けたものもある。」 → 「就寝時は取り外しが必要で、最長1か月間終日装用の認可を受けている。」に訂正
17頁
4段目の囲み:【レーザーによる視力矯正手術の適応】
●第1項目 「装用困難者」 → 「装用が困難な場合」に訂正
●第3項目 「屈折矯正量は6Dまでを原則、10Dを越えないことが望ましい。」 → 「近視矯正では、屈折矯正量は6Dまでを原則、10Dを越えないことが望ましい。6D以上では、十分な医学的根拠が必要。」に訂正
●第4項目 「6D以上では、十分な医学的根拠が必要」 → 「遠視矯正では、屈折矯正量は6Dまでが限度」に訂正
●出典 「ガイドライン’04年2月より」 → 「ガイドライン’04年2月より抜粋」に訂正


国民生活センターの紹介トップページへ

ページトップへ