[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 業務案内 > 出版物の紹介 > 国民生活研究 第44巻第4号(2005年3月)

[2005年3月1日:公表]

国民生活研究 第44巻第4号(2005年3月)

消費者問題をはじめとする生活問題について掲載した調査研究誌です。
なお、本誌は外部の研究者に対して門戸を開放しています。
投稿を希望される方は、「国民生活研究」編集委員会(電話:03-3443-9118)にお問い合わせください。


国民生活研究 第44巻第4号(2005年3月)表紙

第44巻第4号(2005年3月)

定価591円+税

在庫がなくなりました


バックナンバー


目次

【論文】

通信手段利用詐欺への対策と今後の課題 −米国のテレマーケティング詐欺と日本の振り込め詐欺−
西村 幸三(弁護士)

【論文】

高齢者訪問販売被害と成年後見制度の課題 −地域社会による後見の可能性と高齢者安心市場−
渡邉 一郎(足立区社会福祉協議会権利擁護センターあだち課長)

【論文】

発達障害者の消費生活トラブル −その実態と法的・生活支援のあり方−
佐藤 彰一(法政大学大学院法務研究科教授)
名川 勝(筑波大学大学院人間総合科学研究科講師)
堀江 まゆみ(白梅学園短期大学保育科教授)

【論文】

3大都市圏の賃貸住宅の敷金等の実状 −消費者取引不当条項検討委員会から(6)−
圓山 茂夫(兵庫県立神戸生活創造センター課長補佐)


国民生活センターの紹介トップページへ

ページトップへ